aaakopi ブランド コピー

ホーム > AAAKOPI ブランド BLOG > モンクレールはどうやってラグジュアリーブランドになるのか

モンクレールはどうやってラグジュアリーブランドになるのか

モンクレールはどうやってラグジュアリーブランドになるのか


注目すべきは、これまで記録を伸ばしてきたストリートブランドのオフホワイトが今回は珍しくトップ3に落ち、その代わりにダウンジャケットのラグジュアリーブランド「モンクレールコピー」が登場したことだ。


モンクレールは当期のランクアップ幅が最も大きかった新興ブランドとなった。10ランクアップして第3位となって、モンクレールはこれまでLyst指数での最高順位となったことだ。Lystは、ブランドの順位が上がったのは、季節性とダウンジャケットのカテゴリーの成長や、Rick Owensとのコラボレーションシリーズ、そしてStone Islandの買収によるものだと考えている。


モンクレールスーパーコピーの順位の上がりは、会社の業績がコロナの影響を受けていた背景でなったもので、消費者市場がモンクレール通販の長期的な成長を期待していることがうかがえる。


1.jpg

//モンクレールは当期のランクアップ幅が最も大きかったブランド//


モンクレールの最高経営者(CEO)であるレモRemo Ruffiniは、ブランドの売上高が来年下半期まで大幅に回復することはなく、主にコロナによる不確実性の急増と世界的な観光業の低迷に影響を受けているわけだと述べた。それに、モンクレール新作の今年の収入は15%減少し、来年は16億4000万ユーロに回復し、2019年の水準をやや上回ると予想されている。


ブランドが第4四半期の短期間での季節性とカテゴリーの優位性に加えて、モンクレールコピーは伝統的なラグジュアリーブランドが多いランキングでトップ3に食い込んで、新たな勢力の台頭を証明した。モンクレール メンズは、アイデア面では快適机能スタイルの栄えゆくを表し、ビジネス面では新興ラグジュアリーブランドの発想の浮上を表している。


2.jpg

//モンクレールは当期のランクアップ幅が最も大きかったブランド//


伝統的なファッションやアクセサリー系のラグジュアリーブランドと違って、モンクレール偽物サイトは、ブランドの基盤が贅沢とは全然無縁だ。


1952年に創業したモンクレールダウン激安は、最初はアウトドア機能製品から身を起こし、テントや寝袋などのアウトドア登山製品を主力としていたが、2003年にアパレルの名門のRemo Ruffuniに買収され、ファッション化してラグジュアリーブランドに本格的に足を踏み入れ、ラグジュアリーなダウンジャケットのカテゴリーを創造的に開拓した。


3.jpg

//モンクレールは当期のランクアップ幅が最も大きかったブランド//