aaakopi ブランド コピー

ホーム > AAAKOPI ブランド BLOG > モンクレールがLystのヒットチャートでトップ3入りした意味というのは

モンクレールがLystのヒットチャートでトップ3入りした意味というのは

モンクレールコピーがLystのヒットチャートでトップ3入りした意味というのは


MONCLER1.png

//モンクレールは、アイデア面では快適机能スタイルの栄えゆくを表し、ビジネス面では新興ラグジュアリーブランドの発想の浮上を表している。//


1年間のコロナウイルスのチャレンジが経験した後、ファッション業界はさらに分裂した。


そして、消費者はめくるめくラグジュアリーなファッションアイテムで現実逃避を続くつもりの一方で、快適性や機能性、耐久性を提供するブランドも増えており、機能性を重視する伝統的なブランドと、高級ファッションブランドが拮抗している。


LVMHが投資したファッション検索エンジン「Lyst」は2020年第4四半期に世界で最も人気のあるファッションブランドとアイテムのランキングを発表した。グッチ(Gucci)は引き続き1位を維持した。バレンシアガ(Balenciaga)は3ランクアップして2位にランクインした。スーパーコピーモンクレール (Moncler) は3位。オフホワイト(Off-White)は第3四半期の2位から4位に下がって、2018年以来初めてトップ3入りを逃した。プラダ(Prada)は5位。


六位から十位まではサンローラン、ボッテガ ヴェネタ、ヴェルサーチ、ヴァレンティノ、フェンディ、続いてはバーバリー、Jacquemus、アレキサンダー マックイーン、ロエベ、バルマン、ジバンシー、adidas、Stone IslandとFear of God。


MONCLER2.png

//写真はLystの第4四半期の人気ブランドとヒットアイテムのリスト モンクレール (Moncler) は3位//


MONCLER3.png

//写真はLystの第4四半期の人気ブランドとヒットアイテムのリスト モンクレール (Moncler)//


グッチは世界トップブランドの座を守った。Lystは、これはグッチが消費者にオムニチャネル・タッチ・アプローチを確立したことによるものだと評価している。


多くのオフライン店舗は活動をやめて、店舗までも閉鎖を余儀なくされていた中、グッチは伝統的なマーケティングの手段とクリエイティブなデジタルソリューションを組み合わせることで、#GucciFest映画祭や、The North Faceとの連名やHarry Stylesの有名人効果などの手段を活用して、消費者との対話を構築していた。


2位のバレンシアガも 、この新時代のマーケティングのノウハウを身につけている。ファッションマーケティングにおけるゲームの重要性が高まるに従って、バレンシアガはファッションショーやその他のオフラインイベントを開催する代わりに、「afterworld: the age of tomorrow」(来世:明日の時代」というビデオゲームを秋の21シリーズのために作って話題を呼んだ。次はモンクレール通販