aaakopi ブランド コピー

ホーム > AAAKOPI ブランド BLOG > モンクレールはブランドとの競合に優位性がある

モンクレールはブランドとの競合に優位性がある

モンクレールコピーオフホワイトのランキングに取って代わる意味は、消費者はシンボルにマークでトレンドを作り出すのが得意なストリートブランドに飽きてきて、実用的に機能性のあるブランドにシフトしていることにある。


もちろん、機能をベースにしたブランドが、ブランドの文化づくりを放棄するわけではない。モンクレールの目立つところは、機能性と贅沢性の融合、そしてオートクチュールの方向性へのこだわりにある。


2.jpg

//モンクレールはブランドとの競合に優位性がある//


2006年、激安モンクレールはValentinoにAlessandra Facchinettiというクリエイティブ・ディレクターを招待し、Moncler Gamme Rougeのハイエンド製品ラインを立ち上げ、2009年にはGamme Bleuのハイエンドメンズウエアを正式に立ち上げた。より多くのファッション界の人々の承認を得るために、モンクレールは頻繁にパリ・ファッションウィークとミラノ・ファッションウィークに出演している。その後、Gamme RougeとGamme Bleuはミラノ・コレクションとパリ・コレクションのレギュラー・スケジュールに入った。


これらの努力はモンクレール通販のファッション化にブランド基盤を筑いて、2018年2月に発表されたMoncler Geniusのデザイナーの連名シリーズのコラボレーションプロジェクトが、モンクレールを業界のベンチマークに正式にした。


このValentinoのクリエイティブディレクターのPierpaolo Piccioliや、ファションショー・ブランドのFragment Designの創業者藤原浩、LoeweのクリエイティブディレクターのJonathan Andersonなどの傑出したクリエイターとブランドが共同でシリーズを発表するプロジェクトは、モンクレールの長期的な発展のための想像力を作成するだけでなく、より重要なのは、ファッション産業全体のための革新的なモデルのインスピレーションを提供している。これは、モンクレールスーパーコピーの業界における地位をより際立たせているに違いない。


3.jpg

//モンクレールはブランドとの競合に優位性がある//


今の時代はモンクレール新作にとって有益な方向に向かっているに違いない。快適机能スタイルの東風に乗っただけでなく、そのブランド性がミッドレンジのラグジュアリーブランドとして競争の中に優勢を占めている。


二極化したぜいたく品業界では、資源がトップブランドに掌握されるので、小型なデザイナーのブランドは小さくて美しくかつかつに及び、ミドルレンジのラグジュアリーブランドは実績販売とクリエイティブマーケティングの同質化という二重の圧力に直面し、ブランドの独自性を維持することが難しく、長期的な発展の優位性に負けてしまう。それに対して、機能性ブランドはカテゴリーの優位で独自性を身につけ、ミドルレンジのラグジュアリーブランドと競合するようになった。


1.jpg

//モンクレールはブランドとの競合に優位性がある//