aaakopi ブランド コピー

ホーム > AAAKOPI ブランド BLOG > DIORディオール2021年秋冬女性ファッションシリーズを発表!(ゴシックおとぎ話)

DIORディオール2021年秋冬女性ファッションシリーズを発表!(ゴシックおとぎ話)

 DIORディオール2021年秋冬女性ファッションシリーズを発表!(ゴシックおとぎ話)


――おとぎ話をベースにしたファッション


dior.png 


ファッションショーの現場に行けない今、各ブランドは心を用いて最新のプレタポルテを発表します。毎回私たちを失望させないディオール、今回のプレタポルテ コレクションが、フランスヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」にて発表されました。


ディオール.png

 

ヴェルサイユ宮殿に行ったことがなくでも、多少鏡の間というところが聞いたことがあるでしょう。こんな幻のところに傾倒しない女性はないだろう。一緒に新しいシリーズが作ったおとぎ話の世界を感じてその後ろの無限大なクリエートインスピレーションを探しましょう。


ディオール2.png

 

ヴェルサイユ宮殿——鏡の間


マリアグラツィアキウリ(MARIA GRAZIA CHIURI)は、ファンタジーがあふれる時空次元をテーマにして、非凡なオリジナリティを生かします。今回、ブランド女性 ファッション アーティスティック ディレクターである彼女がおとぎ話の世界を探求してディオールの2021年秋冬ファッションショーを一新しました。


ディオール3.png

 

公式発表する前、マリアグラツィアキウリは女性イラストレーター5名に依頼し、今回の発表のためにアニメーション ディザーを作りました。

 

彼女たちはアニメーションの世界を通して女性に対する解釈をシェアリングする、独特の目線からおどき話の世界を探求して、既成概念を覆す、自信と勇ましさを持っている現代女性の特質を解釈しました。


ディオール4.png

 

コレクションの現場

ユニーク おとぎ話を解読弱いまた粘り強い 

 

このコレクションは夜のとばりがすっぽり包み込んでいるヴェルサイユガーデンで幕が開き、何名のダンサが月の下でひらひらと舞いました


ディオール5.png

  

アーティスティック ディレクターであるマリアグラツィアキウリ(MARIA GRAZIA CHIURI)さんは、イギリスの女性作家アンジェラカーターのゴシックおとぎ話『血染めの部屋』やペロー童話などのフランスのおとぎ話からインスピレーションを受けました。


ディオール7.png




ディオールが今シリーズを通して伝えたいのは、単に現実から離れるための手段ではありません、それは既成概念に異議を唱え、挑むために与えられたものということです


宫殿.png


おとぎ話のテーマ


注目されたフードのデザインはペローおとぎ話「赤ずきん」に見まがいますが、それはアンジェラ・カーターが描き直した姿です。

カナージュBar Jacketイブニン


宫殿4.png


ディテールの見どころ

メルヘンのようなファッションを作る 

 

宫殿5.png


今シーズンはゴシックおとぎ話を背景に発表されましたが、ディオールディオ一が一貫した巧緻な裁ちと手芸がディテールにあります。



宮殿2.png


新品のバンドバック


シーズンは、1950年代のトップハンドル (Top Handle)を主としてバンドバックが多く、非常にレトロです。